辞退したいとき

2015年3月8日 / 未分類

連帯保証人というのは、責任が重く、メリットといえるものはありません。そのため、気軽に連帯保証人になったは良いものの、やはり辞退したいという人もいます。しかし、原則として連帯保証人の事態というのは非常に困難です。唯一の方法といえるのが合意解除で、他の担保や保証人を提供することにより、債権者の同意が得られれば連帯保証人を解除してもらえます。
この場合には、新たに連帯保証人となる人の支払い能力や担保提供する不動産などの資産価値が、元の連帯保証人より高くなければなかなか認められません。また、連帯保証人承諾書や誓約書などの所定の書類を作成して、債権者に提出する必要があります。仮に資産価値や支払い能力が元の連帯保証人の資力を上回っていても、解除を認めてもらえないというケースもあります。連帯保証人になるときには、解除が困難であること、債務者がきちんと返済をしていても、連帯保証人に請求が来ることもあること、連帯保証人が複数いても、そのうちの一人が全額負担しなければならないケースもあることなど、さまざまなデメリットを考慮した上で契約するようにしましょう。気軽に印鑑を押していると、あとから苦労する可能性もあります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る