親族が不適切な場合、あるいは親族で保証人に出来ないケース

2015年3月8日 / 未分類

よく賃貸不動産の契約時に利用されるシステムなのですが、保証人を立てられない、または保証人を引き受けてくれるかたがいたものの、その収入面などから不適切と判断されて保証人になれない場合、別の方法を使って保証を行うことがあります。その方法とは、保証会社を利用することです。この会社の利用によって、固定収入のない方であってもさまざまな契約を結ぶことができるようになります。何かあってその契約が不履行になってしまう場合にも、保証会社がその債務を請け負ってくれるため、契約を結ぶ会社にとって不利にはなりません。また、契約者本人にとっても保証人を立てなくても契約を結ぶことができますので、メリットは大きいはずです。もちろんその保証会社に所定の保証に関する費用を支払う必要はあるのですが、それでもとりえる選択肢の幅がかなり広がるという点を考えると、十分大きなメリットを享受できるといってよいのではないでしょうか。
この保証のシステムは、賃貸不動産契約以外にも銀行融資で協会保証を受けつつ融資を受ける、などといった場面でも数多く利用されているメジャーな方法であり、広く世間一般に浸透しています。この保証を行う会社の存在は、かなり大きなものなのです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る