近隣トラブルのときにウッカリやりがちなやってはいけないこと

2014年11月19日 / 未分類

現代の都市部ではかなり狭い空間に多くの人が居住するようになっており、自由に行動できる範囲や空間といったようなものがかなり限られています。
安心して暮らせる地域を作るには近隣住民が互いに尊重し合うことが重要なのですが、それでも近隣トラブルが発生する恐れはあります。
ではそうしたトラブルが発生した際に「やってはいけないこと」としてはどういったものがあるのでしょうか。
まず最もやってはいけないこととなるのが「報復」です。
この行為としては例えば「自分が受けている精神的苦痛を直接返す」ということや「物理的・精神的に相手を追い詰める」というようなことが挙げられますが、これらの行為が良い結果に結びつくことはほとんどありません。
そもそもこうした行為をした時点で、その人は既に相手と同じ「近隣に迷惑をかける住民」となってしまいます。
また「抗議」に関してもかなり慎重な判断が必要です。
相手に対して直接抗議をしても、冷静さを欠いていれば効果はありません。
特に直接相手に対して抗議をしてしまうと、相手が自分に対して憎悪の感情を抱き、さらに大きなトラブルの原因になることもあります。
トラブルがあったという際に最も効果的になるのは、集合住宅であればその集合住宅を管理する管理会社や大家、戸建てであれば警察や地域住民の生活トラブル相談を受け付けている窓口に相談をすることです。
とにかく「第三者を通して対策してもらう」ということが重要となります。
ただの近隣トラブルであっても、それが発展すると取り返しがつかないことになることがあり得ます。
まずは落ちついて、冷静に相手を刺激せずに解決できる方法を考えてください。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る