法的手段でトラブルを解決する方法

2015年3月8日 / 未分類

訴訟とは、裁判所などへ申請し、弁護士等の第3者をその問題に介入させその判断を仰ぐことで、問題を解決すること、もしくはその手続きのことを指します。
その中で、民事訴訟とは主に個人間での法的な問題を抱える問題、財産に関する問題、人身に対する損害等における訴訟のことを指します。具体的には、個人間での金銭の貸し借り等の借金問題、家族、親族間での相続、財産分割トラブル等のほか、自動車事故後の保証金トラブル等がこれにあたるでしょう。
刑事訴訟とは、警察・検察等から犯罪を犯したと嫌疑(疑い)を持たれた者に対して(一般的にこの場合既にいわゆる逮捕されている状況です)、その犯罪が実際に行われたのか、事実確認を進め、その状況によって各種法律を適用し、懲役刑や禁固刑など具体的な刑罰を確定する為の手続き制度の事を指します。
このような中で、特に民事訴訟において、その訴訟に至るまでの有効な手段、トラブルを解決する方法として内容証明の送付があります。
これは、普通の郵便物と違い、特殊取扱の書き留めの扱いを受け、法令上特殊な書類です。この特殊な方法から、受け取った側はそんな郵便物は受け取っていませんなどの言い訳をすることは出来ないことから、裁判所への提訴や調停などを行うほか、例えば労働基準監督署に不法労働状況の訴えを実施する場合など、法的措置を取る前段階で利用されるものです。
ただ、一つ注意点として、裁判所等から送られる郵便物と比較すれば一般的に法律的には、その送付者への拘束力など特別な力は無く、ある一定の知識を得ている人から見れば、通常の郵便物と同じ認識を持つ者も少なくありません。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る