保証人になったときの自分の役割 

2015年3月8日 / 未分類

保証人には連帯保証人と単なる保証人とがありますが、連帯保証人の場合にはお金を借入れた本人と同等の返済義務が生じます。それに対して単なる保証人の場合には、お金を借入れた本人が返済できない状況になったときのみ返済義務が生じることになります。
連帯保証人と単なる保証人では責任の重さは異なりますが、いずれにせよ保証人になった限り、万が一の際にはお金を借入れた本人の代わりに返済しなければならないという義務が生じる点では違いはありません。
もしも、誰かの保証人になった場合、ある日突然、その人の代わりに返済しなければならなくなってしまうこともあるのです。そのようなときに保証人である自分が経済的な理由で借金の肩代わりをできないような場合、まずは特定調停によって債務整理をする必要があります。特定調停とは、債権者と債務者が話し合いの場を持つことで返済条件の軽減してもらうことですが、その際にはこれまでの借金の取引履歴を取り寄せて、利息制限法で定められた上限金利での引き直し計算が行われます。引き直し計算によって借金の元本は減額されますが、その減額された元本を分割で支払っていくことになります。
ただし、この特定調停を利用するには条件があり、借金を3年程度で返済できること、その返済を可能にするだけの継続した収入があるということが求められます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る