保証人になったらココに気をつける

2015年3月8日 / 未分類

融資の保証人になると、もしその契約者に万が一のことがあって返済不可能になってしまった際に、その債務を代わりに返済する義務を負わなければなりません。ですから、もしこの保証人になるような機会があれば、その債務の範囲を十分確認しておく必要があります。
まず、契約書のチェックは必要不可欠です。きちんと細部まで目を通し、いったい保証人となった場合にはどこまでその責任を負わなければならないのかということを理解しておかなければなりません。また、その融資の金額についても同様です。通常の融資は一度貸し出した金額からさらに増額になるようなことはありませんが、極度額が設定されている場合はこの限りではありません。極度とは、いわゆるカードローンの限度額のようなイメージで、一度返済してもその枠内であれば何度でも融資をまた借り入れることができるというものです。
ですからこの極度が設定されていた場合には仮に長年返済していてもまた借り入れをしてしまっていて、まったく元本が減っていないという事態もあり得るのです。保証人になった場合には、その債務を負う責任は当然発生するのですが、それでもその金額はできる限り低くありたいものですから、自分に不利な条件にならないようによく確認しましょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る